電子印鑑の不正利用対策について

電子印鑑の不正利用を防ぐには?

PC印鑑.jpでは、電子印鑑を用いた文書の配布に際し、不正利用を防ぐため、下記の方法を推奨しております。

  1. ワードやエクセルファイルのままでは送付しない。
  2. 電子印鑑使用時はPDFファイルに変換して送付していただく。
  3. PDF文書のコピー防止などの制限を掛ける。
  4. 印鑑の貼り付け時、テキストの背景に貼り付ける。

PDFを利用するメリットは下段をご覧ください。

PC印鑑では更にこんな特徴も

当社の複製画像には、特殊加工された情報が画像内に埋め込まれております。この情報は通常のツールではみることが出来ないものですが、この特殊加工情報が盛り込まれた画像を用いて、例えばワードやエクセルに貼り付けて送付し、相手側が画像をコピーした場合、この特殊加工情報はコピーしても保存されないため、この情報の有無で不正にコピーされたものであるかの判別がつけることができるようになります。

今日の印鑑は、電子印鑑に限らず一般の印鑑でも、不正利用については完全には防ぐことはできません。そのため、当社では印鑑内に不可視の特殊加工情報を埋め込み、不正利用を抑止することが現在の対策として実行しております。

今後もIT技術を駆使して電子印鑑の不正利用を防ぐ手段または技術の向上を目指してまいります。

PDFを利用するメリット

PDFを利用することによりセキュリティだけではなく、送付先のユーザーにとってもメリットがあります。

  1. セキュリティ関連
    1. 文書の閲覧制限が可能:文書を開くときにパスワードを要求するように設定することが出来ます。
    2. 印刷の制限:操作先のユーザーが印刷できないようにしたり、または解像度の制限をつけることで本来の品質の印刷が出来ないように制限をすることが出来るようになります。
    3. 文書の変更の制限:全ての変更を許可しないように設定したり、ページの挿入や削除の制限を設定出来ます。
    4. コピーの制限:文書内のテキストや画像のコピーが出来ないように設定出来ます。
  2. 機能関連
    1. PDFの閲覧は、ほとんどのOSで可能となっているため、ワードやエクセルのバージョンなどで送付先のユーザーが文書を開くことが出来ないということがなくなります。
    2. 元の文書のレイアウトなどが維持されるため、誰でも簡単に印刷出来ます。
    3. ファイルが適度に圧縮されるため、メールで送るときなどに相手にも負担を掛けません。